本文へスキップ


文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム選定事業

「健康長寿社会を担う歯科医学教育改革―死生学や地域包括ケア
       モデルを導入した医科歯科連携教育体制の構築―」

開催報告RECRUIT

医療支援歯学教育コースワーク(講義シリーズ)
第2回 開催報告


 8月29,30日に医療支援歯学教育コースワーク(講義シリーズ)第2回「歯学生・歯科医療者が知っておくべき周術期医療・がん支持療法の実際」を開催致しました.

 本事業では全連携大学が6単位分の授業を新設し,各校で直接学生に講義,またはe-learningによる教授を行う予定となっております。この講義シリーズのうち,“死生学,健康増進・虚弱予防の概念に基づく講義シリーズ2(急性期医療)における周術期医療及びがん支持療法の内容について,e-learning教材収録とともに,事業を広く公開し,幅広く交流と意見交換をしていただく機会と致しました.
 ご参加頂いた連携大学の先生方におかれましては,遠方から岡山までお越し頂き,ありがとうございました.

 岡山大学及び連携大学からの参加状況について,以下の通りお知らせいたします.
 1)公開講座(計164名)
   北海道大学から, 教員2名
   岩手医科大学から,教員2名
   大阪大学から,  教員1名
   岡山大学から,  教員25名  
            学生3名 (4年次 女子学生,3年次 女子学生2名)

 2)FD意見交換会(計10名)
   北海道大学から,    教員2名
   岩手医科大学から,   教員2名
   昭和大学から,   教員1名
   岡山大学から,     教員5名

  3)交流会(計25名)
   岩手医科大学から,   教員2名
   昭和大学から,   教員1名
   岡山大学から,     教員10名

 また,今後様々な形で学生の相互交流あるいは教員のFDに資する企画が計画されるものと存じます。今後の事業展開に際し,ご参考にしていただけた幸いです。
 本事業の遂行に際しましては皆様のご理解と御協力を賜り,大変ありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

運営委員長 園井 教裕


バナースペース

公開講座実行委員会事務局

〒700-8525
岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学病院医療支援歯科治療部内

TEL 086-235-6588
FAX 086-235-6588