本文へスキップ


文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム選定事業

「健康長寿社会を担う歯科医学教育改革―死生学や地域包括ケア
       モデルを導入した医科歯科連携教育体制の構築―」

開催報告RECRUIT

医療支援歯学教育コースワーク(講義シリーズ)
第1回 開催報告


 8月8日に医療支援歯学教育コースワーク(講義シリーズ)第1回「歯学生・歯科医療者が知っておくべき災害時医療の実際ー東日本大震災を教訓として」を開催致しました.

 本事業では全連携大学が6単位分の授業を新設し,各校で直接学生に講義,またはe-learningによる教授を行う予定となっております。この講義シリーズのうち,“死生学,健康増進・虚弱予防の概念に基づく講義シリーズ2(急性期医療)”の“第13回:災害時医療”および“第15回:災害時の歯科の役割(東日本大震災)”の内容について,e-learning教材収録とともに,事業を広く公開し,幅広く交流と意見交換をしていただく機会と致しました。
 ご参加頂いた連携大学の先生方におかれましては,遠方から岡山までお越し頂き,ありがとうございました.

 岡山大学及び連携大学からの参加状況について,以下の通りお知らせいたします.
 1)公開講座(計64名)
   北海道大学から, 教員1名
   岩手医科大学から,教員3名
   大阪大学から,  教員1名
   岡山大学から,  教員17名  
            学生2名 (4年次 女子学生,1年次 男子学生)

 2)FD意見交換会(計11名)
   北海道大学から,    教員1名
   岩手医科大学から,   教員3名
   岡山大学から,     教員7名

  3)交流会(計19名)
   北海道大学から,    教員1名
   岩手医科大学から,   教員3名
   岡山大学から,     教員8名

 8月29,30日には医療支援歯学教育コースワーク(講義シリーズ)第2回 「歯学生・歯科医療者が知っておくべき周術期医療・がん支持療法の実際」を開催予定です.
皆様のご参加をお待ちしております.

運営委員長 園井 教裕


バナースペース

公開講座実行委員会事務局

〒700-8525
岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学病院医療支援歯科治療部内

TEL 086-235-6588
FAX 086-235-6588